ホームページ作成の基本は楽しむこと

私は新卒からプログラマーとして生きてきました。最初は新しいことばかりで、大変でしたが学びも多く楽しかったです。しかし3年目からは惰性で仕事をしていて、楽しみも苦しみもなく、ただただ指示された仕事をしていました。

ただある日、上司に「君の仕事はミスがないけれど、面白みにかけるね」と言われました。ああ、確かに。自分もそのつもりでした。その日は同僚と飲みに行き、色々と話しました。

結論として、作り手が楽しまなかったら、その作品を見る人も楽しいわけがないということです。それは何でも同じです。楽しませようと必死になる事は大事ですが、その過程で自分も楽しむことが大事なんですよ!

これはホームページ作成でも同じです。ホームページも人に見てもらうための作品です。ですから作り手の気持ちは全部そのまま表れます。

とは言え、初心者に陥りがちなのは自分が好きなようにしてしまうことです。難しいところですが、自分が好きなことをするのと、楽しみながらするのはイコールではないのです。あくまで、皆が好きだなと思いそうなことを、自分が楽しみながら作るのです。

難しいようですが、それを実践している企業が横浜にあるのです。それが株式会社瑞鶴というホームページ制作会社です。企業のホームページにしては珍しく、トップページに色々と社長の想いが書いてあります。

特に私の胸に響いたのが「プラモデル作りは大変でしょうが、好きな人はそこから個性を出してオリジナルデザインにしてしまいます」というフレーズです。子供のころを思い出しました。「こう見せたらかっこいいだろうな!」と試行錯誤しながら色々と改造したものです。

これからホームページを作成しようと考えいる人はぜひ一度のぞいてみてくださいね。