スマートフォン対応を考えよう

最近の傾向として、ネット検索の半分はモバイルユーザーです。つまり、デスクトップやノートパソコンではなく、スマートフォン・アイフォンを利用しているということです。

これがいったい何を意味するか考えたことはありますか?

Googleはいわゆる「モバイルフレンドリー」かどうかを、検索エンジンの評価基準の一つに加えました。そのためモバイルフリーソフトというのも公式に提供しています。

私もほとんどアイフォンで検索していますが、たまにスマートフォン対応していないウェブサイトをみかけると非常にストレスがたまります。しかも意外と大企業だったりするとがっかりです。ただそういう大企業ほどホームページにお金をかけているので、スマートフォン対応が難しいのかもしれませんね。

私の場合は最初っからスマートフォン対応のホームページを作りますから、そういった苦労はありません。いずれは今よりも多くの人がモバイル検索を利用することでしょうね。

それと、スピードテストも大事です。それはクリックしてからそのウェブサイトが表示されるまでの時間です。膨大な情報量のホームページはありがたいですが、クリックしてから何十秒も待たされるのはごめんです。おそらく10秒もすれば閲覧をあきらめるでしょう。便利ということは、そういうことでもあるのです。画像や動画はできる限りサイズを圧縮することが大事です。

これからホームページを作る人はぜひこの2点を考えてみてくださいね。